グローバル社会で活躍するには何が必要?

大切なスキルとは何か?

マネジメントや分析スキル

アナタはスキルがソフト・ハードに分かれているのは知っていますか?ハードスキルは理論的な知識や、取得している資格、または学歴や学位を表し、面談などその人の内面まではいかなくとも、表面的なスキルを確認する事に向いています。
ソフトスキルはマネジメント力、柔軟性、創造力といった一見すぐには分からないが、仕事をしていく中で重要になるスキル、人間力ともいえます。海外で多く活躍している方はこのソフトスキルに長けている方多く、物事を様々な視点から見ています。そのため、新しいアイディアや誰も思いつかないような発見が出来るのです。
ソフトスキルはその人、そのものを表しているので今すぐに習得するのは難しいかもしれません。しかしこれらは強力な武器となります。

ディスカッションを中心に

ソフトスキルを磨くには何が必要でしょうか?日本はソフトスキルを磨くための教育にやや遅れを取っていると言われています。原因は義務教育で学ぶ勉強スタイルです。日本では教員が教科書を読み、そこから知識を学ぶスタイルが主流です。それでは受動的になってしまうので、能動的な教育を取り入れると良いでしょう。
近年ではグローバル化社会に対応出来るように、アクティブラーニングといった、ディスカッションや生徒が疑問に思った事を掘り下げて調べていく教育方法も取り入れられているので、一歩前進したと言えます。
ソフトスキルに自信がない場合は、まずディスカッションや物事に疑問を持つように心掛け、それを自分なりに調べると良いでしょう。



ページ
先頭へ