グローバル社会で求められる能力やスキル

グローバル社会で活躍するには何が必要?

みんなをまとめるリーダーに

日本は第二次世界大戦を終えてから、社会主義として個人の資産や利益を重要視するのではなく、国民全体の貧富の差を出来る限りなくし、社会問題を解決してきました。その状況がしばらく続きましたが、日本を含む世界各国で社会主義が崩壊し、徐々にグローバル化していきました。
グローバル化というのは、社会主義ではなく資本主義が有利になり、企業同士の自由競争や規制緩和が進められる事を指します。国内だけではなく、世界中にあるモノ・ヒト・カネが盛んに行き来する事で、様々な利益を得られるようになりました。
時代の移り変わりともいえるグローバル化ですが、私たちの生活には多くのメリットを生んでくれます。まず海外の質が良く、安価で製品を購入できる、あるいは国内では取り扱っていなかった海外ブランドを手に出来るようになりました。
反対にデメリットもあり、社会主義の場合は国民の多くが同じ様な階級、生活をしていましたが自由競争が盛んになると貧富の差が出てしまいます。これを格差と呼び、新たな社会問題になっています。
このようにどんどん移り変わっていく社会の様子ですが、求められる人材や能力も変わってきています。今回はグローバル社会で必要とされる人材や能力について紹介していきたいと思います。海外で働く事と視野にいれている方はもちろんですが、国内で働くにあたっても必要なスキルやマインドになりますので、ぜひ自分に照らし合わせながら参考にして頂けばと思います。


ページ
先頭へ